松坂大輔投手には追い風

ジャイロボールのもう一つの種類、ツーシームジャイロを説明しよう。こちらは、別名「非対称ジャイロボール」と呼ばれている。握り方はツーシームファストボールとほぼ同じである。

非対称ジャイロボールは、ボールの縫い目が非対称面を向けて前進する。つまり、打者側から見て”ボール正面の縫い目模様が非対称となる。これにより、一般的なストレート球と同程度の空気抵抗を受け、フォーシームジャイロボールと比べると到達時間が大幅に遅れている印象を受けるわけだ。

つまり、打者としては待てども待てどもボールが来ないので、バッティングタイミングが狂ってしまう。その結果、打者は待ちきれず上体が突っ込み、バットの先で引っ掛け内野ゴロや凡フライとなるケースが多くなるのだ。

プロ野球のピッチャーが投げるボール(初速が150km/h)の場合で、ツーシームジャイロの空気抵抗値はフォーシームジャイロの5倍に達するという。縫い目による空気抵抗の大きさが伺える。とくに、メジャーリーグの公式球は、日本のに比べて縫い目が大きいので、ジャイロボール使いである松坂大輔投手には追い風となるだろう。

今シーズン、ジャイロボールで内野ゴロを量産する松坂大輔投手の勇姿を我々は目にするだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3595043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック