従来の変化球と大きく異なる点

ジャイロボールとは、投球したボールの進行方向に回転軸が向いていて、高速回転をしながら進んで行くボールである。

ジャイロボールを説明する際、ライフル弾に例えるととても分かりやすい。ライフルから発射された銃弾は、回転していない物に比べて回転を与えて物の方が格段に遠くへ、そして安定して飛ばすことが出来る。アメリカンフットボールの遠投なんかも同じ原理だ。

ジャイロボールの投げ方にはちょっとしたコツがあり、投球の際指に引っかけるように投げるため、右投手が投げたジャイロボールは投手から見て時計回り、左投手が投げたジャイロボールは反時計回りとなる。つまり、”カーブ回転”なわけだ。

ジャイロボールは、従来の変化球と大きく異なる点がある。それは、ジャイロボールの場合、ボールの握りよりもその投げ方に大きなポイントがあるのだ。ジャイロボールの握り方は、一般的なストレートとほとんど同じである。しかし、ジャイロボールの投球フォームは一連の投球動作の他に特殊な手首の動作が加わるのだ。

一般的に「スパイラルリリース(ジャイロリリース)」と呼ばれるその独特のスナップ動作は練習によって習得可能であり、その独特の投球感覚を掴むことで初めて投げることが可能となるわけだ。
練習用具「Xジャイロ」を使用するのが、投球感覚を掴む上ではいいと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3621297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック